とにかく今年は、今までどおりクライアントワークを楽しみながら、
クライアントワーク以外の時間を作ることが目標でした。
色々形に出来たし、色んな人といつもと違うやり取りができて、
自分とTWOTONEを見直す時間になったし、身の程も知れました。
この時間で学んだことを、早速クライアントワークに
活かせたりできて、改めてこういう時間が不足していたんだなあと。
この動きは今後も強めていきたい。


もうひとつ。
今年はウェブサイト以外のものを作る時間を意識的に増やしました。
相変わらずウェブサイトを作るのは好きなんだけど、
少し冷静に捉えてみようと、気持ち的には距離を置きました。
ウェブサイトで表現したり伝えたりという考え方はバッサリやめて、
ウェブサイトは伝える装置。という割り切り方をしてみた感じです。
作り手としてそう割り切るのはいかがなものかと、不安もありましたが、
結果良かった。
改めてウェブサイトの強みが分かったし、
存在意義を再認識したし、より好きになりました。

来年は、逆に表現に落としこんでみようかなあというか、
あまりこの辺にライン引きせずにやってみようかなあと思います。


今年の半ばから、働き方を考え直すきっかけがたくさんありました。
家族にもスタッフにも必要以上の期待と負荷を掛け過ぎていて、問題が次々と表面化。
熱中するあまりに、周りが見えなくなっていた。
あまりに一気に表面化したために、
もう立て直すにも厳しいかなあと、塞ぎ込みたくこともありましたが、
コツコツ改修すること自体が、僕にとって大事な時間で、
大いに反省しつつ、ひとつひとつコツコツ直していってます。
ここでも身の程を知りました。

あと、年下と仕事をすることが本当に増えたなあと思います。
今年急に増えたわけではないですが、そういう歳なんですね。
年下から受ける刺激や緊張感、凄くいいです。
技術力がハンパない若い子がどんどん出てきているし、
そういう若手と一緒にやるときの自分ってなんのためにいるのかと
思ったり思わなかったり。
数字からくる感覚ではなく、本質的に歳が積まれていっていることを感じます。
歳を取るのは嫌じゃないというか、早く40歳になりたいぐらいなんですが、
歳とともに自然と知らない所に連れて行かれる感じが面白い。

一方で、同世代や先輩方と一緒になった時にヒントもたくさんもらいました。


来年の目標は・・と、新たに目標を設けることはなさそうです。
現時点で、コツコツやっているものが多いので、このまま続行、もしくは強めていく感じ。
ただ、コツコツが多すぎて、新しい人と出会う機会が減ってるのは気になっているのでそこは改善かなあ。
あと少しTWOTONEを軌道修正します。立ち上げ時と、今の雰囲気とでギャップが出てきているので、思い切って。自分たちがしっくり来るのがいいかなあと思って。年始から徐々に。

今年もお世話になりました!
2014年もよろしくお願いします!

この三連休で、TWOTONEの社員旅行(初)に行ってきた。北海道はトマム。
僕と洋平は、嫁さん、息子も連れて、総勢14名で、
大自然の中で、本当の雪ではしゃいで、
ゆっくり社内コミュニケーションしてきました。
若手の意外な面も見られたり、大収穫です。

実は、しばしば洋平ファミリーと旅行に行っているなあと思い出した。

bA所属のとき、身を粉にして働いた後に、少し長めの休暇を取って、バリへ。
洋平夫妻はその旅を新婚旅行と位置づけていて、
僕らはバリが好きで、長い休みが取れたらバリしかないなあって感じで、
それぞれ別々に旅程を組みながら、たまに会ってご飯食べたり、
お互いのヴィラを行き来して、宅飲みみたいなことをしていた。



ちょっと探したらすぐ出てきた写真。2007年。若けー


今後やりたいこと、やるべきことみたいなおしゃべりをビンタンビールの肴に。
この時にTWOTONEの原型は出来上がっていた・・とまでは行かないけどw、
あの宅飲みがなかったら、TWOTONEはなかったかもしれない。とも思う。

その後、家族連れOKの社員旅行で、小田原とか。
TWOTONEを作る直前に、沖縄とか。
で、今回は北海道に。



総勢16名のはずが、流行りのインフルエンザや風邪にやられて14名。


お互い家族が増えたり、TWOTONEスタッフが増えたりと、
旅の仲間が増加しながらも、通常の業務から一瞬離れて共に過ごすのは、
朝のラジオ体操のように、呼吸を合わせる感じがいい。
「吸って〜吐いて〜」の「吐いて〜」を一緒にやる感じ。

なんでこのエントリー書き始めたのか忘れちゃったんだけど、
うっすら線みたいなものになっているので、記しておこうと思う。
社員旅行、またやりたい。

アートやデザインの作品を見るとき、見たいときに、
刺激物を求めるような感覚で向き合っていることに気付いた。
先日、とある写真集を手にとって
「どんな生き方している人なんだろう」と思った時で、
その気持ちも真新しい気持ちではなかったんだけど、
いままで前面にある気持ちではなかったんだなと。
刺激物的な捉え方のほうが前面に来ていたんだなと。

間違っていたとは思わないけど、
なかなかショッキングな気付きでもあって、軽く放心状態。
(十数年ぶりにインフルエンザにかかった後だったので、
心身が、普通と違うの状態だったのかもしれない。)

この気付き、かなり大きくて、
その時から、あらゆる作品の見え方が変わってしまった。
写真も音楽も絵もデザインも。

「この人面白いこと考える人だなあ」みたいな受け止め方と、
「この人の生き方に少し触れられたなあ」では大きく違う、みたいな。
そして、自分が制作に臨む時も、大きく違ってしまった。

昨晩、独立されたフィルムプロデューサーのKichi高橋聡さんと、
食事をして、実は初めてなんじゃないかってぐらいゆっくり話した。
彼とは7~8年前から、ちょこちょこお仕事ご一緒しているけど、
普段はプロジェクトの話に注力して終わってしまうし。
独立という大きな事柄を経てというのもあったと思うけど、
生きる自分を見つめる姿勢に、心打たれた。
このじっくり会話する感覚と、アートに触れる感覚の間に、
見えない壁が立っていたとはなあ・・・改めてため息が(汗

で、今日、かねてより行きたかった森本千絵展と、坂口恭平展に行って来た。
(終了間近のギリギリセーフ)
どちらの展示も、思考の過程を惜しみなくアウトプットされていて、
まさに生き方がぎっしり詰まっていた。圧巻。
坂口恭平展で流されていたインタビュー映像では
「どう生き抜くかがアート」と言い切っていて、強く深く共感。
ベストなタイミングで、素晴らしい展示に行けて良かった・・。感謝。

年始になると、このブログの事を思い出します。
といいつつも、2012年は新年のあいさつすら書いてません。

(1年飛んで)

2013年、今年もよろしくお願いします。
TWOTONEもようやくヨチヨチ歩きの時期を乗り越えました。
日々勉強の連続で、僕自身不得意な事に挑む→解消するという
人として当たり前の、超プリミティブな活動を、
ようやく自然に出来るようになってきました。

今だから言えますが、
ハッキリ言ってお金の計算とかエラい苦手だったんですが
(紛いなりにも経営者なのに、ですよ)、
もうなんとも思いませんし、むしろ好きな部類に入って来ました。
答えがひとつなので、間違いは間違いだし、解いた時の達成感が凄いです。

日頃従事している広告デザインにおいても、アプローチはたくさんあるものの、
答えはあるというか、最初からセットしていますから、達成感が凄いです。
言ってもそんなに簡単に出ませんし、試行錯誤の上、出た時の達成感が凄いです。

つまりあらゆる局面で答えを出し続けているわけですが、
こう答えまくっていると、答えを導き出す行為から一瞬でも離れて、
問いかけたい衝動に駆られます。

答えるのも大好きですが、たまには問いかけてみたくなります。
この状況で、状況を打破するとかという考えを抜きに、
思っていることを場に出してみたら、どうなるのか。
レシーブして、トスして、アタックする。ではなく、
あの辺にサーブしてみたらどうなるのか。
(バレーボール部出身です。)

問いかけの数を増やす。
これを胸に、今年はより一層頑張っていこうと思います。

2013年、今年もTWOTONEと僕をよろしくお願いします。

#久しぶりのエントリー過ぎて、肩の力を抜くまでに9日も掛かりました。

僕は一度もバスケ部だったことがないんだけど、
今日うたた寝していたら、バスケ部の部員になってた。
ドリブルしているのが凄く楽しいんだけど、なかなかシュートが決まらない。
何度もトライするけど、全然入らない。
悔しくて、悔しくて、ゴールの網を見ながら僕は思う。
「点を決めたくてドリブルしてるんじゃない。
ボールが手元にあるから、ドリブルする。そして、ゴールを目指してる」って。

なんだか、相当バスケがウマそうな言葉だよな、
ウマかったらカッコつく言葉だよな

追伸:
夢日記ってつけ続けると、頭おかしくなるんだって!


最近、日に日に強く感じるのが、UIから文字要素が減っていっているという事。
前はこれでもかと親切丁寧な説明が書かれていたんだが、どんどん減っている。
思うに、最終系のひとつに「車の運転席」が見えて来たんじゃないか。

車の運転席はスイッチやメーターのカタマリで、
運転自体が命を預ける行為でもあるから、
それぞれの機能をしっかり把握しておく必要がある。
ところが、車のスイッチ類には説明書きなどはない。
配置やマークから、そのスイッチが何を示しているのか認識している。

何も説明書きがないのに、結構スイスイ操作できる。
友人のクルマやレンタカー、最新の車種においても、
よくわからないメーターに多少目を奪われたりするけど、
運転できないという事はない。
(余談だけど、初めて運転する車は
ハザードのボタンの位置が絶対にわからない。
あんなに目立つマークなのに。)

車の場合、一定の訓練を受けている前提があるのと、
多少の差異はあるものの配置やマークのデザインが
大枠一緒であることが大きい。
(と、まあ、真剣にやらないと大惨事が待ってるという点もあるけど)

かつて、ウェブUI、アプリUIには
誰も触ったことのないものだったから、
それこそイロハから説明を書きまくってた。
カートアイコンの横に「購入する」と書いて、
そして少し小さく「購入手順へ進みます。」と説明をつけてた。
すぐそばに「ご購入にあたって」といった
ヘルプ画面へのリンクをつけたこともあったと思う。
どこまで親切なんだよと。

ずいぶん月日は経って、ずいぶん訓練を積んだ。
UIに触れる事が一般化し、
前提とするリテラシーもできてきたので、
そろそろいいでしょう。
むしろないほうが視認性いいでしょう。
そういう時期なんだと思う。

スマフォのアプリは画面面積が小さいこともあって顕著。
最初は操作が分からないけど段々学習して、手に馴染んで来る。
手に馴染んで使ってもらえれば、いいという判断がそこにある。
まあすぐ慣れるでしょうという期待がある。

iPhoneのUIなんてもっと凄くて、裏技みたいな機能が満載。
たまたま(?)見つけた人が、
記事を書いたりして広まったものも多いと思う。
知らない機能があっても使えるけど、
使っているうちに機能とであって、操作スピードがどんどん上がっていく。

作り手発想でいうと、使い手とのそういうコミュニケーションもいいですよね。
向かい合ってる感じする。

といいつつ、ほとんどの人が運転できない
お化けみたいなスーパーカー作りにも憧れるんだけどね。

今日4/26で、TWOTONEは1周年を迎えました。
この1年間、たくさんの素晴らしい方々、機会、仲間と巡り会い、
充実した日々を過ごせたことに、感謝する思いでいっぱいです。

いただいた機会に応えられるように、最大限力を出してきました。
しかし、環境を整えながらの一年目。
結果としてセーブしてしまった点があったことも否めません。
少しずつですが、ベースにできる部分は増えてきていますし、
2年目の今年はさらに開放して、より僕ららしい面も出して行きたいと思ってます。

コミュニケーションデザインやUIデザインを軸とすることは変わらず。
その上で、これまで学んできたその他の表現や技術との融合を試してみたい。


それにしても、この3月?4月は、日頃作っているコミュニケーションデザインが、
たくさんの「日常」の上に成り立っていることを、
強く思い知らされる機会でもありました。
そしてその「日常」がなくなったときの、自分の無力さは絶望的だった。
二度とあんな思いはするものかと、強く思ったりします。

デザインが、あらゆるコミュニケーションデザインで機能し、
全体を推し進める力になるように、
コミュニケーションデザインが、どんな世の中でも機能できるように
なれたらいいと思う。
そうできるデザイナーになりたいと思う。
がんばります。


2年目のTWOTONEもよろしくお願いします。
Facebook。
頭では理解しているものの、今までちゃんとハマったことはなく、でも、こういうものには一度魅了されてみたいところもあって、しばし本気で使ってみようと隅々までいじってます。
(多分こういうモードになったのも過去何度かあったような気もするけど・・・。)


んで、徐々に魅力が分かってきた。

Twitterの、情報が人から人へ手渡されて行く感じ。
行動力や責任感を割と試されてる感、線状につながるバケツリレー的緊張感。基本ガチ。積極的に前に出ないとあまり面白くない。基本ONの楽しみ。人が中心で、人の向こうに情報がある感じもする。

一方、Facebookは、情報に人が群がる構図。色んな角度からネタが投下されて、ひとつひとつ真面目に向き合わなくても「いいね!」ぐらいは押せちゃう。お気軽、楽チン。何にもしない存在も許してくれるサラッとした空気感。OFFなモードでも行ける楽しみ。
というベースがありながら、積極性を持つと新たに広がる世界。情報と自分とがダイレクトな印象。本気でそれにダイブするものあり。
そのONとOFFを切り替えられるのはちょっと居心地いい。

雰囲気的には、Facebookも日本にも馴染みそうだけど。

2011年、今年もよろしくお願いします。

今年の正月は家族で風邪が流行ったこともあって、のんびりしてました。草津温泉にいったものの、旅先で高熱が出てダウン。とってもよく寝た旅だった。去年は去年で、息子が生まれて間もなく、外出も控え、ヌクヌク過ごしていたので、2年連続でのんびりです。と言いつつも、去年の今頃はTWOTONEを作るために色々悶々と考えていたのを思い出した。なんだか忘れないうちに書いておかなきゃいけない気がしたので、久しぶりにブログのエントリー画面を開きました。(もっと早く書けばいいのに。)

一年前の2010年の年始、自分たちの事を考えても、業界周辺の事を考えても、大きくは将来のためにも、新しいデザインスタジオが必要だなと決心し、生まれたての息子と嫁とヌクヌクしながら、内心はメラメラしてた。
当初は602の分室的に考えてたけど、議論を重ねて考えを進めると、対外的にもちゃんと独立した形がいいよねって事になり、新会社構想へ発展。思い掛けずデカイ話になってしまったなあとやや困惑した事もあった。

3月から4月にかけて、自宅の引越し、割とハードなプロジェクト、TWOTONE設立の準備と、てんやわんや。そうだ、大学では3年生の授業に加えて、茂出木ゼミを開講というのもあった。マジでハードだったなあ。凄く時間がない中、家族と洋平家と沖縄に行った。古酒飲みながらゆっくり今後の展望でも話そうと思ってたけど、旅行先で急性胃炎でダウン。とってもよく寝た旅だっt

5月、事務所も整い営業開始。まあ例によって現金がないのは起業の常。金はないけど、予定だけはいっちょ前に埋まっていく。ああいう時は、やり方が悪いんじゃないかって不安になるけど、とにかく周りに応えて行くのに精一杯。でも周りが気にかけてくれてたんだよね。極力分割して支払ってくれるように配慮してくれたプロデューサーもいたりして、頭があがらない。とある日、一人の学生が遊びに来た。やる気はあるっぽいけど、本当に何も知らない学生だった。翌週、もう本当に手が足らなくて途方に暮れそうになったので電話したらバイトに来てくれることになった。西田セルジオ21歳。なんにも知らないがよく働く、よく吸収する。

7月、8月。ようやくいくつかクライアントワークが公開できたり、ケンブと荒澤くんがシェアメイトになったり、二人目のバイト渡邊さんが来てくれたり。みんなで麻布十番祭りを満喫したり、どさくさに紛れてフジロックも行った。本当に暑い夏。

9月、10月。郵便年賀、Tabio Slide Show、Tabioオンラインストア、フォルクスワーゲン、Beams Weddingなどなど目白押し。3人目のバイト、木龍さんが来て、阿部さんが出向してきた。切羽詰まりすぎてあんまり記憶ないな・・・。

11月、12月。机が足らなくて増設。ライゾマティクスと、Vaio Assist Torch Project。結構ハードだけど楽しんだ。Beamsのクリスマスが始まる。4人目のバイト、春からテックに行く田村、武者修行的に。そして、Tabio Slide Showが、文化庁メディア芸術祭エンタメ部門優秀賞。すごく嬉しい。


と、駆け抜けた2010年。早過ぎる。あっちゅう間。
今年はもう少し、熟考する時間、考察する時間を取ろうと思ってる。
少し遠回りをしてみたり、仕込み方を変えてみたりしてみようと思う。じーっと見つめているだけの時間があってもいいかもしれない。

なんだかんだでもう35歳です。身体にも確実に変化が出てきてる。
必要以上に大事にすることはないと思うけど、此処ぞというときにパフォーマンス出せるように、体調にも気を使っていきたい。

と、そうね。理解して後押ししてくれる嫁と、息子の笑顔と、一緒に実行してくれる洋平がいてなんとかやってこれてる。いつも本当にどうもありがとう。今年もがんばろう。

ということで、2010年以上に頑張りたいと思います。
2011年、今年もどうぞよろしくおねがいします。

7月24日 土

大学はすでに夏休みだけど、今日は茂出木ゼミPresentsプチ特別講義第2弾の日。第1弾はqubibi勅使河原さんに来て頂いて、めくるめくqubibiワールドを繰り広げてもらった。学生も楽しんでたけど僕も楽しんだなあ。前回とはまったく違った角度から刺激になってくれればと思い、今回はデザイナーではない人を。Google Japanの創設メンバーというか第一号社員(日本法人の社長が決まる前のから社員!)の片岡愛子さんに来てもらった。愛子さんは僕が社会人としてのいろはを教えて頂いた人。頼れる姉御であり、尊敬する師でもある。今でもたまに会うと気持ちがしゃんとするというか、姿勢を正すような感覚になる。ゼミの受講生はほぼ女の子だし、就職難で悩んでいるのもあり、是非愛子さんの仕事スタイルや生き方に触れて欲しかった。
Googleでの経験はもちろんのこと、辞められてからのWorkや物の見方を、テンポ良く話してくれた。みんな真剣に聞いてたし、特講後の飲み会も盛り上がる。学生も相手が女性だと(女性同士だと)ちょっと距離感が違うのね。そういうのも見れてなんか参考になった。少し目の色が変わった学生がいたり、変な力みが取れた学生もいたで成功だったと言える。後期もまたやりたい。やります。
うち一回は布目幹人先生とのセッションをやらなくてはいけない。


25日 日

フジロックの準備をしようと思って空けておいたけど、全然やる気にならず。楽しみなんだけど、未だに子供をどう運ぶか決まっていなくて、それ以上先に準備を進める気がしない。オフロード用のベビーカーのレンタルがあるだろうと思っていたら、案外ない。オフロードでもイケそうなタイヤが大きいものがあるんだけど、専用ではないのにレンタル費用がそこそこ高くてなんだか腑に落ちない。
そうこうしている間に、隈部浩と合う時間に。昨晩連絡してきて、池袋周辺に用事があって家族で行くから、ちょっと会おうみたいな。子供ができると、そういうなんとなく会おうかみたいな機会が増える。これがとても自然で且つリッチでいい。
池袋でゆっくりするのも久しぶりである。ちょっと探したら、いい感じのカフェが増えててびっくり。パンが美味そうだったのでここにした。雰囲気がよかったのとパンも美味かったので、そのままディナーも頂いちゃいました。隈部家の嫡男もすくすく育っててよしよし。


26日 月

Operatorsの『ONESTEP-MASTERPIECE』がなかなかいい。今年の夏はこれで行こう。
60分おきに違うプロジェクトのことを順繰りに考えてる。Aをやって、Bをやって、Cをやって。自分の頭の中にタスクバーをイメージして、最大化最小化をしながら、それぞれ少しずつ進めている感じ。
進行管理は各Pに完全にお任せ状態。生かされてるなあ。


27日 火

明日のプレゼンの内部確認。方向性が鮮明に見えて来た。できるだけ時間を充てて、いい感じにまとめたい。
夜はデザイン学科の4年生が7人やって来た。セルジオ入れて8人。いつものゼミ生もいるけど今回はセルジオが音頭をとってくれのではじめての顔も。クラス全体の人数が66人とかなり多い学年なので、まったく全体を把握できてないし、全体のトーンが一色になりきれない。なってないのがいい。こうやって一緒に来てくれた面子も、酒の場で一緒になるのは初めてだというから凄い。基本的にそれぞれが立ってるというか価値観が違うことを認め合っているのがちょっと面白い。違うんだけどツッコミあってたりするのが面白い。
シンガポール料理食べながらゆっくり話せた。大学4年はどう転んでもって悩む時期。ゆっくり話しているつもりでも、いつも足りない気がしてしまう。また来て下さい。来れなかった人も来て下さい。


28日 水

A案件のデザインプレ。ばっちり。
B案件のデザインスタディ。イマイチまだ見えてこない。
C案件のデザインプレ準備。見えてるんだけど進まない。逆に見えてると進めなかったりする。
上がったり下がったり停滞したり。
楽しいけどね。


29日 木

洋平が関わってるイベントがスタート。Ustの中継を見るとそこそこ好感を持たれている印象。盛り上がるといい。
デザインプレ、ギリギリまで作業して、なんとか良い形に。場も盛り上がったので、明日までに調整入れる。
週明け公開のコンテンツの準備。がりがり。
PS3のシステムアップデートしたら、明らかにブラウジングが早くなったよ。がりがり。
すごいブログに出会う。「気がつけば82歳」83歳のおばあちゃんが書いてるらしい。老人には本当にいろんな知識と時間が蓄積されてるんだと感じる。ファンになってしまった。


30日 金

神保町に買い物。フジロックの息子の運搬をベビーキャリーというものに決めて、取り置きしてもらっていた。
苗場に行く前に終わらせなきゃいけないこと満載。土曜朝まで時間はある。頑張る。
一方で某敏腕ADにお願いしてゼミ生を一人向かわせた。たくさん有意義な話が聞けたようだ。時間とってくれただけじゃなくて丁寧にいろんな角度で話してくれたようで、本当にありがとうございました。


31日 土

朝まで仕事して、まあなんとか片付いた。レンタカーを借りてこれから苗場に向かおうと荷物を積みこんでいたら、ものすごい雨。Twitterを見るとかなり局地的な雨のよう。練馬はこういう事が多い。汐留のビル群が立ってから練馬の天気が荒れるようになったと聞く。
夕方、苗場入り。フジロックは何度も来てるのに、なぜだかどうも時間が掛かる。荷物を下ろす場所に苦労したり。道を間違えたり。
やっぱり子連れだと手も足りなくて厳しいのかな?と頭をよぎるが、ホテルの部屋でビールのんで少し落ち着く。それじゃあパレス辺りにでも行くかと出陣。例のベビーキャリー最強。やや不安定さはあるものの、背負っている人がしっかり歩けばカバーできる。パレスオブワンダー周辺でまったり。懐かしいなあ。ここで毎年色んな人と飲んだくれてた。雨がひどくなったので一時退避。その後、会場から妹が出てきて乾杯。
1:30、妹が帰るというので、一番会場に近い駐車場のチケットを譲ってもらう。僕らのクルマはとっても遠い「みつまた」に停めていたので、移動させる。2:30、パレスオブワンダーが一番盛り上がっている時間。ふらっと寄って飲む。

8月1日 日
子連れフジロック本番。オレンジからゆっくりおりて来る感じで。
→Pia-no-jaC←カッコよかった。また聴きたい。
SUNDAY MORNING JAMはちょっとうるさい。
MOUNTAIN MOCHA KILIMANJAROかっこいい。仕事中に流したい感じ。ファッションも良かった。
元ハイスタの難波章浩はちょっとかすったぐらいだけど、会場からの期待が凄くて、重圧になっててなんかかわいそうだった。がんばってほしい。
VAMPIRE WEEKENDもかすったぐらいだけど、やっぱ好きになれない。
BOOM BOOM SATELLITESもかすったぐらいだけど、ものすごく成長しててびっくりした。
HOT CHIP、良かったなー。
そして、ATOMS FOR PEACE、MASSIVE ATTACK。
ベストアクト、ATOMS FOR PEACE。この天才二人が活躍している時代に生まれてきて良かった!動けなかった。そのくらい良かった。
MASSIVE ATTACKは音ももちろん期待だったけど、このセットがどうしても見たかった。このために来たと言っても過言ではない。すごかった。意識変わった。舞台とか、やってみたい事の一つです。実現したい夢です。
キッズランド、結構使いました。息子も楽しそうだったし、僕も楽しくメリーゴーランドとか乗ったよ!
LCD SOUNDSYSTEM見るの忘れた。


2日 月

フジロックから戻って来てすぐに仕事開始。
ちゃんと筋肉痛しはじめてほっとした。明日とかじゃなくてほっとした。
夕飯は練馬周辺では一番と名高い(勝手に名高い)、たいらの寿司。
子連れ、だいたいコツが掴めたので来年も行こう。
ホテルは色々安心。体力も完全に回復するし。
だけどやっぱりテント生活にも憧れる。
ベビーキャリーは超オススメ。ベビーカーは大変そうだった。特に河原とか急な坂があるアバロンとか。
iPhone通じないことは殆ど無かった。
そう、Beamsのオレンジショッピングバッグ持っている人がすごく多かったね。


3日 火

葉山の撮影に参加。夏の葉山。気持ちイイ。セミがすごい。
にしても凄いよ(何)乞うご期待。
午後は原宿でテストシュート。
夜は真二&詩織のパーティーの件で目黒クラスカへ。
雲がきれいな一日。

12日
今日からTWOTONEオフィスにシェアメイトが増えた。元イメソのけんぶ君。実は長い付き合いだけど、会うのは年に一回あるかないかだったし、仕事もこの春はじめてご一緒したぐらいなので、まさか机並べる間柄になるとはって感じ。情報交換しつつ、たまになんか一緒にやりましょう。
と、もう一人。急遽アルバイトをお願いしたセルジオ。日芸の学生で絶妙なタイミングよく遊びに来て、じゃあバイトする?みたいな感じでスタート。
TWOTONEは最初に5席作ったんだけど、いきなり4席埋ってしまった。人数先月比200%。賑やかでいいねー。



13日
どのプロジェクトもゴリゴリ作らないと話が進まない時期に突入。月内はデザインマシンだな。食生活が最低なので要改善。
フジロックの宿ゲット。行こうと決めたのも遅くて、近場に取れる気配ないし、もう一時は諦めてたので、本当に嬉しい。あざっすあざっす。
という事で、月末いないです。



14日
髪切った。ヘッドスパ、マッサージまでしていただいて、いやあたくさん舟漕いだ。


15日
朝から2時間毎に締め切りが来る。どれも大きな作業ではない物のずっとラストスパートは心身共に疲れる。いきなりセルジオにめちゃくちゃ助けられる格好。
夜は早々に切り上げて洋平、ケンブ、セルジオの4人で飯。


16日
久しぶりに洋平と提案。というか洋平の提案見た。楽しそうに提案するのぉ。
コーヒーを浴びてモニター出力ができなくなったMacBookPro。ようやくAppleストアで診断。修理費12.6万!ベースになっている基板を変えないといけないらしい。それでも完全に直るか分からない上に、最速で5日と結構厳しい結果。ほぼ買い替えを決断しつつも、ここ数日をモニターなしで過ごすのも辛い。USBからのモニター出力を試みる。見る限りほぼ描画の遅延はない。配線が不細工だけど我慢。ところがその後Adobe系アプリのアートワークエリアが出力されていない事が判明。いよいよ追い詰められた。買うのか新品MacBookPro・・・。
夜は「首里そば ゆくる」の沖縄そばをいただく。そばも美味いけど、ラフテーに吠える。うんまい。


17日
前期最終日。メディア3、最終課題。いい作品がいくつか。この時期になると技術力の差が歴然として来る。好き嫌いがそのまま技術力に出てくる。やる子はいつもアプリ触ってるし、やらない子は週1に立ち上げる程度だからどんどん差がつく。
ゼミ、夏休みの目標を立てて終了。まあゼミは夏休みも集まるし、終わりとかないので緩やかに。
夜はメディア3の打ち上げ。はじめて3年生と飲む。実行力があって面白い。ちょっとしたイタズラも手がこんでる。この感じ大事に行って欲しい。


18日
ちょっと疲れが溜まってきてるらしい。ぐっすり寝て。あぶれた仕事を。あれ、モニタ出力が自然に直ってる・・・。このまま走らせてみるか。週末のデザイン作業は時間に追われているわけではないので、やり始めちゃえば結構楽しい。やり始めるまでが、ニュートラルからドライブに入れるまでが一番大変だよね。
夕方に妹が来て、士雄の面倒を見てくれた。夜は嫁のお父さんが来てくれた。一緒に飲んでたんだけど、眠くなって、ソファで死亡。お父さん来てくれるといつも途中で死んでる気がする。すみません・・・。


19日
海の日。海にでも行こうと思ったけど、仕事が片付かず断念。どちらかというとやらなきゃいけないこととして、士雄のおもちゃ箱をIKEAに買いに。IKEA港北店。電車で行ったけど、クルマで行くところだよね。少しクルマがほしくなる。


20日
昨日一昨日で、少し先回りできたので、いい感じにスタートを切れる。後回しにしていた細かい仕事もざくざくやっちゃう。会社のモニターでもちゃんと出力できてるな。本当に直ったのかな。


21日
撮影で朝イチで奈良に。6:23品川発。もちろん日帰り。ステキなものが撮れてよかった。編集頑張る。奈良、中学校の修学旅行以来だったけど、結構いいところ。ゆっくり行きたいなあ。京都も通り過ぎただけだけど、行きたくなった。
帰りの新幹線。ずっと東京とやりとりが続いて夕飯も食べれず辛い。帰りの新幹線はビールぐらい飲まないとねぇ。無線LANの契約もしないと行けないと思った。Emobileだけだとかなり無理がある。


22日
朝からバリバリデザイン作業。フジロックの駐車券、ヤフオクでゲット。高いわー。高いけどしょうがない。レンタカーも予約。夕方、中目黒のスタジオへ。ここ一ヶ月ほどずーっとシリーズで撮ってきたヤツが終わる。凄い量。本当にお疲れ様でした。


23日
午前中取材。TWOTONEになってからの取材ははじめて。朝で口が回らなくて噛みまくった。すみませんー。結果すごく長い時間話してしまった。最近授業の90分枠に慣れてしまい、ちょっと話すと90分。それ、普通に話が長い人だし。不味いなあ。デザイン。企画提案。今日も目が回る。夜は豚とんびょうしへ。セルジオの食いっぷりが見てて清々しい!


1日:
土曜日の講義の準備に力を入れたいけど、明日はデザインレビューや提案が満載であんまりちゃんとできなかった。結局前日に追い込む事になるんだよな。全体的にちょっと手が足りなくなってきた印象。微妙にヤバす。


2日:
終日提案、打合せ。どれもいい感じに進んでるんだけど、もっともっと詰める時間がほしい。講義の準備ががっつり残ってるのにも関わらず、今日一日のいい感じの達成感があってビール開けちゃった!少し喉に違和感があるが、ようやく風邪から抜け出した。

3日:
メディア3、スクリーンセーバーが20個ぐらい出来た。2?3個、秀作がある。前期最後の課題に取り組む。お題にリアリティがあるのか目の色が変わる学生続出。授業も現実とリンクしてる必要があると再確認。 ゼミ、プレゼンの練習。準備出来てる学生はどれもそこそこ良かった。残り一週間頑張れ。
本日のメーンイベント、クロスメディアマネージメント特講。130人ぐらい集まってくれた。先日の専修大での特講を活かし、日頃のデザイン作業のプロセスを軸にした構成。経過が見えるとコンセプトも理解しやすいようで、大きな手応え。みんな楽しんでくれたようだし、僕も楽しかった。加藤さん、下山さん、木村先生ありがとうございました。 その後飲み過ぎる。帰り間際、一人で天一に寄ったのは内緒だ。江古田店は、半端なく美味いと聞いていたが、本当だった。酔っ払っててもハッとする美味さだった。

4日:
のんびり日曜日。買い物しつつ、代々木公園を散歩。昼に食べたゴールデンブラウンバーガーが見た目よりも優しい味で美味かった。


5日:
広尾のイイノスタジオで撮影。デザイン作業もあるし、スタジオと事務所を行ったり来たり。一階上には上野さん三木さんがいたらしい。いるよな、それは。挨拶したかったけど、時間切れ。夜は上田さんと隈部浩が事務所来てくれた。ゆっくり話せていい時間。夢は尽きない。悩みも尽きない。僕らはみんな生きている。


6日:
早朝は学校の発行物の手伝いでデザイン。楽しいけど、年を追うごとに大変になってる予感。 本業のデザイン、そして打ち合わせ。ツートンの会議室は空気が流れるように心がけてるので、長時間企画会議してても頭が疲れない。僕も洋平も空気が止まっているのが一番嫌いで、洋平のボルネード設置スキルは、職人芸に近くなって来てる。 夜は学生が進路相談で遊びに来た。ゆっくり話した。一緒に食べたレバ刺しが美味くて二人で吠えた。


7日:
新しいサイトの企画を2つスタート。どちらも人々の人生において重要にされやすい事柄。感謝の形。僕らは感謝の気持ちをやり取りして、「ありがとう。」「どういたしまして。」とを繰り返して生きてる。 ここ数年、僕はデザインを通して、「そういうのって良いよね」って言い続けてる気がする。 臭いかw


8日:
朝から撮影。新木場。室内だったけど眺めのいいスタジオで、天気も良くて、気持ちがいい。マシンガンな勢いで撮って、そのまま急いで新橋へ。別のコンテンツのテストシュート。曖昧だった形が少しずつクリアになってくる。この感覚好き。 最後にひとつミーティング。思わぬ懐かしい人が登場。嬉しかった。


9日:
デザインスタディな日。ここ最近エンタメ的おもしろUIを作る機会が減ってきているように感じるけど、その流れはまた来てると思う。KOKOKAKAWEFAILの最近の動きも気になる。 BLUE BELLのFW COLLECTIONもいいね! 10と12でグッときた。 前回のも見たいんだけどおろしちゃったのかしら。 前回のを見てないと10と12が効いてこない。憎い。


10日:
朝一から3年生とCD展改めKnock展の相談。面白いネタが出た。楽しみ。 メディア3を1時限で終わりにして、本日のメーンイベント卒業制作中間審査会。 66人分のプレゼンを聴く。一人5分だけど×66だから、8時間掛かった。大変だわ・・。 中には面白いのもいるんだけど、自分本意でかっこ悪いのが多くて見てて割と辛い。 4年間のまとめとして自分事として捉えられてる人と、 卒業するためにやらされてる感の人で差が出てる。 そりゃ差が出る。 もう一回中間審査があるとのことなので、頑張ってほしい。 こっちも頑張るわ(汗


11日:
ものすごく仕事が溜まっているので出社。 この後、MacBookProが水没する事件。 頭の中真っ白になった。泣きそうになった。 子育てエキサイティング過ぎ。 つーか仕事終わんね。 ワールドカップも参院選もそっちのけ。 龍馬伝も先週分見てなかったら、見たくないし。武市半平太の切腹でしょ? 一週飛ばして見れないだろー


#一日ずつちょっとずつなら書けるんじゃないかテスト。

暑いですね。
明日から7月1日で、2010年後半戦だそうです。
すっかりブログを書くという習慣もどこか遠くへ行ってしまって、
半年を思い返そうと思うと
かなり本気でメール読み返すとかTwitter読み返すとかしないと
分からないという最低の状態に陥ってます。

半年に一回更新かー・・

書かなきゃ書かなきゃと毎日のように思ってはいるんですよ。
記録しないと何も無いのと一緒です。
爺さんの遺言は「とにかく記録しなさい」です。
いいこと言います。
でも一度離れてしまうと大変。

そうだ。
Remember the Milkの終了済みのタスクを見れば、
結構俯瞰できる!
と思って開いてみると、
なかなかな内容でした。
環境作りに時間と労力を使った半年。

腹決めて家買って、引越して、
腹決めてTWOTONEを立ち上げて、事務所移して、
朝型に切り替えて、
たくさんの新しい出会いがありました。
古い仲との再会もたくさんあったか。
たくさんの人とたくさん話した。
土曜日はゼミも始まって、朝から晩まで話しっぱなし。

特記すべきはやっぱ引越し。
3月31日に自宅の引越し。
5月2日にTWOTONEの事務所新設。
この短期間で、
自宅も会社も新しい場所になるって、単身赴任ばり!

がらっと変りました。
ずーっと変わり続けていたので、
変え続けていたので、
諸々落ち着いてきた慣れてきた昨今、
精神的な踊り場にたどり着いたような感覚です。
ちょっと一息。

一息っていうか、
ようやくデザインに掛けられる時間が増えてきた日々この頃。
楽しいなあ、デザインは。

最近また色んなナイスなプロジェクトに参加させてもらってます。
見る人が楽しんでもらえるようないい仕事にしたいと思います。
頑張ります。


補足:TWOTONEって何?
ここ御覧ください。
また新しい会社作っちゃったんですねー。
602発の新レーベルとしてデザインスタジオを作っちゃいました!
これからもよろしく!

今年もよろしくお願いします。
今年の正月はずいぶんのんびりしました。充電満タン。
息子が小さいのもあって、まだまだ外出というわけには行かず、家に篭って家族3人でヌクヌク。 普段は少しでも出かけたくなってしまう方で、少なくとも近くの飲み屋へ!みたいな発想をしがちなんですが、
それもできる訳はなく、食って飲んでおしゃべりしてを続けてました。
なんだヴィラ行かなくてもこういう時間作れるんじゃんよw
なかなか新鮮な年末年始でした。

今年の抱負、いろいろ挙げてます。気合入れてTo Doリストに締切日付きで入れました。
どんどん達成していきたいと思います。
毎日積み重ねる系が3つあります。年末までひとつでも続いてたら勝ちです。(弱気)

話し変わりますが、今日始まった龍馬伝がよかった。
久しぶりに毎週見たいTV番組です。
というか、毎週こんなクオリティで来るのかしら。したら凄いよ。

そうそう、ウェブポ。想定以上に便利でした。
何通かウェブポ経由で年賀状いただきました。手書きメッセージがないとやっぱ素っ気ないかなあという不安があったんですが、僕に宛ててるメッセージがあればそんなふうには思わなかったな。
あえてちょっと突き放して見てみてますが、改善ポイントはいくつかあるものの、今後是非使っていきたいサービスだと思いました。
使い勝手の感想、いくつかいただいてます。もし気付く点あったら気軽に教えて下さいね。

今年も頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

2009年

| | コメント(0) | トラックバック(0)

602を立ち上げたのが2008年6月。1年半経ちました。初年度はなんだかよく分からないまま走り抜けて、気づいたら2009年に突入。その後、先輩2名の合流もあったりで、いろんな形態を試しながら、とにかく求められることに応えてきた一年でした。

正直あまり先を見れない時期でもあり、スポットスポットの単発的なやり切った感はありながらも、時代と呼応した(?)脱力感みたいなものもあって、まずいまずいと現在位置と数年後を確認し始めたのが10月11月12月。いやはや、結構大変なことになってるぞと改めて引き締めている最近です。少し時間を使えそうなので、来年前半で、5年後ぐらいを見据えた体勢に矯正しようと思ってます。

ウェブが中心になるプロジェクトに多く関わらせてもらった年でもありました。ウェブサイトが"場"になって、コトが起きていくというプロジェクトが多かった。いろんな人がその"場"に来てくれて、何か残してくれて、ADなんてThe裏方ですからもちろん直接会ってないですけど、熱を感じることはできて、それはとっても幸せなことでした。

メジャーなものが気になるようになった年でもありました。ソフトバンクのCM、資生堂のCM、MJ、エグザイル、Ne-Yo。好きかどうかでいうとよく分かりませんが、びしーっとしたメジャー感に圧倒されたり魅了されたのは確かで、多感な時期を90年代の流れで過ごしたオルタナ世代(笑)としては、大きな大きな気付きでした。なんなんでしょうあの圧倒的なキラキラ。表現が良くも悪くも汚カッコいいものに溢れてしまったからかもしれない。本当にキラキラしているものが、ちゃんとキラキラできている理由も凄かったりして、今メジャーなものに首ったけです。

色々教えてくれた尊敬する爺さんが死んで、待ちに待った息子が生まれた年でもあります。仕事に夢中になって忘れていたことをたくさん思い出した。家族にありがとう。嫁にありがとう。

2010年はクライアントワークを離れたクリエイティブを準備中です。自分の位置を確認するためのもののひとつになると思います。もちろんみんなに見てもらえるような楽しんでもらえるようなものにしたいと思ってます。

春から日芸でゼミ始めます。教育については不勉強であまり大きなこと言えませんが、若い人たちに自分が気付いたことを伝えるのは義務かなと思ってます。あくまで軸足は自分が作り続けること。その中で気付いたナマの情報を伝えていく形態は変えずに。

あと、春に引越します。道路はさんで向かいにw

Twitter、飽きずにつぶやいてます。すごい面白い。Waveは、まだよく使えてない。ゼミで使いますので、学生のみんな、よろしく。

まとまりないですが、現実もまとまりない感じで、いろんなことが起きた楽しい年でした! 来年もよろしくお願いします!

# エルゴ中の息子が、初めて声上げて笑ってる!

今年は審査員をやります。ご一緒する審査員の方々がなかなか面白い面子なので、審査が楽しみです。

http://www.1-click.jp/

審査員のインタービューとかもあります。
十人十色って感じで楽しいですよ。


応募は、2009年11月5日(木)13:00 締切だそうです!
明日(3日)が祝日で良かったっ!

ウェブポ|年賀状のすべてをオンラインで
2009年10月28日公開
http://webpo.jp/

アートディレクションを担当しています。
年賀状の新しい出し方です。なんとお相手の住所がわからなくても、メールアドレスが分かれば出せます。未来ですねー。

CMも作りました。
まずはこれを見ていただくのがわかりいいか。

お世話になっているけど、住所知らない人って案外多いですよね。
そんな時は、ウェブポもひとつの道かも。

ありがたいことに公開時から、Twitterで結構盛り上がってますが、TwitterIDでも行けます。
TwitterIDでできるもんだから、mixi年賀ならぬ、Twitter年賀のように言われがちですが、それはちょっと違うかな。Twitterはひとつの使い方であって、もっとオープンですし、使い方色々。
僕の場合ですが、iPhoneユーザーで、MobileMeユーザー。
MobileMeとGoogle Appsのアドレス帳は同期されているので、Gmailアカウントのアドレス帳を読み込むとまさに今(?今年?)普段お世話になっている人リストが本当にさくっとできちゃう。
で、まあ、実感するわけです。
自分が使っているアドレス帳にどれだけ住所が入ってないかを。(僕だけ?w)
一時期、住基ネットにこういうことを期待する流れもあったけど、形になりませんでしたね。

ウェブポはユーザー登録をしなくても色々いじれるので、ちょっと試してみるのもありです。
気になったら、やってみてください。

ちょっと変わりますが、宛名印刷サービスとして使うのもナイスです。
年賀状作成で大変なのは実は宛名面。
たとえばデザイン面を、印刷屋さんとかフォトサービスなんかで作ったとしても、結局たいへんな宛名書きが残るという。
PCでプリントアウトするにしても、デザイナーでプリンターの扱いが慣れてる僕でもなかなか気合いがいる作業。位置合わせとか・・・。
ウェブポの場合は、住所録を読み込ませれば、宛名面に反映してくれる。
文字組まではできないにしてもw、書体はモリサワ製ですから、通常のPCに入っている手持ちの書体よりも上質です。

もし手書きで一言付け加えたい場合は、宛名面だけウェブポに任せて、一度自宅に送って、最後一言書いて仕上げて投函するなんてのもあり。

ウェブポはリプレックスという会社がサービスしてます。
リプレックスの技術によって、住所録を安心してネット上にアップしたりすることが可能になってます。
半端ない技術猛者が集まる会社。凄いです。この人たち何かを変える気がします。


郵便年賀.jp
2009年10月28日公開
http://yubin-nenga.jp/

今年もアートディレクションと、一部の企画&デザインを担当しています。
今年も年賀状が出したくなるコンテンツ満載です。

何より素材がすごい。今年は音素材まであります。

昨年TIAAで金賞をいただいたはがきデザインキットも、機能追加&UI一新で、より使いやすくなってます。
昨年ダウンロードした人も改めてダウンロードしてみてください。
こちらのUIデザインは、去年から引き続きyahman.jpのやーまんにお願いしています。

まあ、ここでつらつらご紹介するよりも、こちらをご覧いただくのがいいかな。
サイトのご紹介
丁寧に説明してくれています。
大きいサイトは、全体を把握するのが難しいですし、こういうのがあるといいですね。

サイトトップも、あったかく。
Tsukaoさんの写真、差し込む光がきれいで好きです。

あけまして、ルネッサーンス!

Play You. | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN "ウォークマン" | ソニー
2009年10月14日公開
http://www.sony.jp/playyou/

インタラクティブのアートディレクションと企画を担当しています。
今回は新垣結衣です。みんなで歌おうって。
歌え、10代。
元10代も、歌ってください。

「歌詞ピタ」スクリーンセーバーなるものができました。
これ、結構おススメ。


75000曲分のデータベースと連動して、自分の好きな歌、気分にあった歌がみつかるスクリーンセーバーです。
好きな歌が出てくると歌わずにいられない感じ。
知らない歌も、歌詞で出会うと、これまた不思議な出会いです。
是非使ってみてください。

高機能なスクリーンセーバーのデザイン&Flashはa*の荒澤くん又村くんにお願いしました。

これからどんどん盛り上がっていくプロジェクトなのでお見逃しなく!



郵便年賀.jp
2009年9月1日公開(現在は本公開になっています)
http://yubin-nenga.jp/

今年の年賀はがきはあて名面にQRコードが入ってるんです。(一部の商品に限る)
QRコードを記念して、格子模様でにぎにぎしく!というのはあくまで裏テーマですが、カメラの動きが気持ちいいです。そうです、今年も左居穣にお願いしました。