2007年1月アーカイブ

http://www.panasonic.net/experience-color/

8ヶ月経って、ようやくThe FWA | Site of the dayに。
ということで、古いネタではあるがエントリーという運び。


Panasonicのプラズマテレビ"VIERA"のグローバルブランディングコンテンツ。
2006年5月公開。
プラズマテレビ"VIERA"ですから、高画質高音質で仕上げているのは当たり前。
日本の伝統色、文化を通して、本当の美を追求した。
Videoを使用したマウスインタラクションムービーが2本。
日本の伝統色を使って、ユーザー同士のコラボレーションを目指した、
本気インタラクティブコンテンツが1本。


去年の春先が追い込みだった。
壮絶だったが、8ヶ月も経つと忘れる。というか悪くない思い出。

公開した直後は、毎回そうだが悔しくて悔しくてまともに見れない。
ようやく最近ちゃんと正面から見れるようになった気がする。


EXPERIENCE COLOR メインメニュー
▲メインメニュー

生ノ彩リ ― What color is life
▲生ノ彩リ ― What color is life

光ノ舞・影ノ舞 ― Colors of shadows
▲光ノ舞・影ノ舞 ― Colors of shadows

色ノ座ニ遊ブ ― A garden of colors
▲色ノ座ニ遊ブ ― A garden of colors

以下、クレジット。
といきたいところですがものすごい量なので、本サイトでご覧ください。

http://www.spiral.co.jp/

スパイラルのサイトがリニューアル。
結構たまげた。
こういう危うい方向で遊ぶスタイルに衝撃。
公表する責任感とかそういう意識よりも、楽しんでしまう意識が高いことに衝撃。

結構光に敏感な僕は、本当にグラグラ来た。
初めての感覚。脳が揺れる感じ。

むむむむ。早くも飽和状態。

全部乗ったら死ぬだろうなと予測はしていたものの、
回避する術はないというかむしろウェルカムですから。
と、ほっといたら全部乗ったぽい。
嬉しい悲鳴は、早くも普通の悲鳴に。

この春、一皮剥けているか、廃人になってるか。

助走+カンタンに3人で新年会。

総括

| | コメント(0) | トラックバック(0)

年越しちゃいましたけどね。
2006年が終った今考えていること。
正直、諸手を挙げていい年だ、とは言えなかったので、
むしろ総括しないとな、と。

僕的に去年は、漢字一文字で言うと「話」で、
話して伝えることの重要さに気づきつつ、
実際に口での活動が、多かった年。
で、それ自体は不特定多数に僕なりの考え方を伝えられたりと、
悪くない面はたくさんあって、それらの機会を与えてくれた
bAには感謝しまくりな分けで、今年も引き続きよろしくお願いします。

なのすが、どうも手を動かす前に口を動かしてしまう癖が付いてしまい、
逆にややこしいことになっていった事態も少なくない。
やあ、これは勝手に自分が勘違いして、走ってしまった訳で、
反省しなくてはいけない。

とは言え一度そっちに振ってしまった結果として、
手を使って考えること、到底「話」では伝えられっこない、
視覚経由の情報の多さ+重要さに気づかされた。
もしくは、伝えられないとまでもいかないが、全然早いとか。

どの状況においても視覚伝達を担う立場なので、
それをロジカルに説明したり、納得させたり、
しっかりと積み上げていくことは大事なのだけれど、
コアはあくまで視覚伝達で、言語での伝達ではない。
言語はくっついてくる程度のモノというか。
少なくとも僕の役回りはそうなんだと思った。

実際に僕の脳内にあることを言語で伝えようと試み、
伝わったかな?と思えたシーンでも、
伝わってなかったことが大分多かった。
相手がデザイナーであれ、
クリエイティブが理解できる人間であれ、
想像させられるだけの言語を持ち合わせてない模様。

言語を扱う能力が低いという点は大いにあるのだが、
同時に言語での限界は感じていて、
相手の脳内に落とすために、
実態のそれよりも、とあるラベルに変換して、
ある程度の型にはめて伝えなくてはいけないという所にもある。
既知のモノを引っ張り出して、
アノ辺に持っていくと伝えなくてはいけない。

これは想像させているようで、実はとても危険。
僕が描いているそれらに、
自らブレを作っているようなもの。
脳内に落ちたエリアが、既存の何某と近しいところにあるので、
以後それが足枷になってしまうこともある、というか大体なる。
今年はというか、今後はもっとこういった事から、
離していかないと、凄くツマンナイADになりそうな予感、
というかなるだろうな。気をつけなきゃいけない。

どうもmixiに書き込みにくくなったというか、
いや、まったくもっていい場所だと思うんだが、
どうもあそこに書いてるいと、説教臭く感じてしまうことがあり、
勝手な配慮で、エントリーを控えたりなんて事が多い。

読む人の顔が浮かびすぎてしまうからなんだろうけど、
それはそれでいい時と、そういう訳ではない事があるからで。

とはいえ、ここがここなりの存在価値を持ちえるかは謎。
使い分けられるかは謎。結局こっちだけとかあっちだけとか言う事になりそげ。
ちょっと色々試してみようかな。

今年もよろしくお願いします。
2007年はじまる。色々はじまる。と思う。

このアーカイブについて

このページには、2007年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1