2008年7月アーカイブ

蕎麦

| | コメント(5) | トラックバック(0)
602がある麻布十番は更科蕎麦の街としても有名。
3つの老舗を中心に、いろんな蕎麦屋が存在している(らしい)。

以下がその老舗3店舗

総本家 永坂更科 布屋太兵衛
東京都港区麻布十番1丁目8−7(地図

乗換案内
03-3585-1676

総本家 更科堀井
東京都港区元麻布3丁目11−4 アパートメント麻布10地図

乗換案内
03-3403-3401

麻布永坂 更科本店
東京都港区麻布十番1丁目2−7 ラフィネ麻布十番(地図

乗換案内
03-3584-9410

新参者なので、ようやく老舗の3店舗を回れた程度なんだけど、
そのうちの2店の創業者の名前が一緒で、大分気になった。
どちらもおしながきの1ページ目に店の生い立ちが書いてあって、知った。
それに加え、どこも自分が本店だ本家だと大きく書いているのが、
なんとなく穏やかでない。

詳しくはWikiが詳しそうなんだけど、
店舗としての直系は、一つ目の「永坂更科 布屋太兵衛」。
1789年(寛政元年・・といわれてもですけど)創業。
まさに布屋太兵衛という人が作った。
織物行商だった太兵衛に、殿様が「お前のそば、うまいわー。店やったら?」と助言。
「それじゃあ」と、脱サラ(懐かしい)、開業と。
太兵衛の腕もよかったんでしょうけど、その殿様もナイスジャッジだな。
途中廃業、復興なんて浮き沈みがあるものの、初代から看板は引き継がれているらしい。

二つ目の更科堀井は、8代目がスピンアウトして作った店。
看板には創業200年と書いてますが、太兵衛から数えたらということなんでしょう。
スピンアウト自体は1984年なので、なんというか結構最近。

三つ目の麻布永坂 更科本店は、太兵衛とは全然関係ない人が展開したらしい。
(ここのメニューには太兵衛のことは載っていない。)
とはいえ1941年(昭和16年)開業と老舗であることは間違いない。

気になるお味ですが、一つ目「永坂更科 布屋太兵衛」は蕎麦の香りが強く、
口の中でほろっと崩れる感じが、素朴で◎。
ルームシェアをしている吉原さん曰く「つゆいらないよね。」だって。
つゆといえば、ざる系を頼むと「からくち」と「あまくち」の2種類のつゆを出してくれる。
「あまくち」は甘すぎて僕はギブ。
店舗の雰囲気も相まって、味自体もそっけない印象がややあるかな。

二つ目の「更科堀井」、個人的には3店舗の中で一番うまいと思う。
蕎麦の香りもバランスよく、のど越しもカンドー。
最後のそば湯、これがまた美味くて泣けてくる。
こちらもつゆは辛いのと甘いので2種類。
こっちのあまくちは、なかなかGood。からくちが好きですけども。
あー食いたくなってきた。
食べてないけど、天ぷらも美味そうだった。
店の雰囲気もよく、昼間から呑んでる人々が、はまる。
多分地元の人たち。かっこいいなあ。

三つ目の「麻布永坂 更科本店」は、なんかよくわからん。
美味いには美味いけど、練馬(自宅周辺)でも食べられそうな味。
新一の橋の交差点が目の前ですが、
なんというか大通りにありそうな味というか、王道感?こなれた感じ?
ただ、ざっとメニューを見た感じ、つまみが多そうで、
一回飲み屋として使ってみたい印象。

なんか嫁のブログっぽくなってきたな(謎
違うか。

と、まあ、好き勝手書いてますけど、
働く環境のそばに、
おいしい蕎麦屋が選べるほどたくさんあるというのは、
なんとも幸せなことです。
若いお店もあるみたいなので、もっと回ってみようっと。

暑くて湿気も多くて、ぼーっとしますが、602はいつまでエアコンを付けずにいられるかw
我が家は元々クーラー嫌いなので、扇風機で何とかしていたりします。風通しがすごくいい家というわけでもないけど、まあ結構大丈夫。会社は風通しがいいので、出来れば夏は何もつけずに行きたいところ。(そういえばあの物件、冬は寒いかもね。)扇風機は買うかもしれないけど。


ちょっと前ですが、話題の「マジックアワー」を見てきました。素晴らしい映画ですね。見に行ったのは日曜日だったかな。久しぶりに満席の映画館を見たんですが、なんていうんでしょう、劇場全体がドッと沸く感じ、すごい現象だなあなんて。31歳のいい歳の僕と、後方に座っている多分小学生低学年の女の子が、ほぼ同時に笑い始めるわけですよ。
三谷幸喜も凄いし、喜劇も凄いし、映画館ってすげえよなと改めて。


副都心線乗ってます。
ウチは、西武池袋線、練馬の隣駅なのでもろに副都心線の影響?恩恵?に。田舎者的な発想で恥ずかしいかもしれませんが、乗り替えずに渋谷に到着する感覚は、狐につままれた感じというか、INNOVATIONですよ(笑)
少し前には、メディアに「都市の人の流れが変わる」なんてものすごい煽られて、案の定、期待に応えられず散々なオペレーションで、今はもうガラガラと言う。この感じ、超東京ですよね。
それでも淡々と走ってる感じも、超東京。


元同僚の洋平が走ってるんだと。結構な距離。で、確かになんかアゴ周りとかすっきりしていてかっこいいんですよ。すきっとして。彼曰く「最初は短い距離でもしっかり走れずボロボロなんだけど、それでも気持ちいい」と。へー、コメントもかっこいいじゃないか。と思って真似て走ってみたんです。いい。これは良い。走ったときの街が流れていくスピード。他にない。気持ちいい速度。また走ろーと思って、気づけば半月。そっか。はははw


徐々に602のオフィス環境が充実してきていて嬉しいです。でかいスピーカーが来たのは何よりも大きいかも。僕のPCとつながってないので、好きな音楽を大音量で聴けるというわけではないのですが、ラジオとか聴いていたりなんですけど。いいです。なんというか、音自体、音楽自体も嬉しいんだけど、部屋の大きさを聴覚で認識できる感じが安心を生むw


遅ればせながら、ロゴを作ってます。602のロゴ。自分で社ロゴを作るのって久しぶりなんだけど、なんかロゴに求められることって大分変ってるのね。なんで変わったんだろーなんて思いを巡らせていたら、そうか!こんなに浸透したインターネットのせいか!というのは言い過ぎかもしれないけど、これだけいろんな思いや表現を簡単に手元に手繰り寄せられる世の中になっているにも関わらず、未だ僕らはロゴマークに思いを込めるのか、みたいなw

わかんない。、マークから何かを感じるような、なんか変なところ敏感な人って、まだたくさんいるんだと思う。きっと。お願い。希望w

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1